とにかく!加齢黄斑変性症で失明しないために今すぐ取るべき対策

自己診断はココ!黄斑変性症に3倍なりやすい中高年の特徴。喫煙のダメージをカンタンに避ける方法とは?なぜ、ルテインは加齢黄斑変性症との関係で 院内勉強会で取上げられたのか?

知識と疑問

加齢黄斑変性症の合併症として起きる網膜剥離の原因とは?

更新日:

加齢黄斑変性症と関係が深い滲出性網膜剥離

網膜剥離は、眼にボールが当たったりすることで網膜がベロリと剥がれた状態、とイメージする人が多いかと思いますが、実際は違います。

眼球は光を通す硝子体というゼリーのような組織で満たされています。

しかし、強度の近視や老化、外部からの強い衝撃などが原因で、この硝子体が前へ引っ張られたり縮んだりすると、網膜まで引っ張られて、裂けたような孔(あな)が開いてしまうことがあります。

この孔から硝子体の成分液が流れ込んで網膜下を浸し、視細胞や神経などにダメージを与えることを「裂孔原性網膜剥離」といいます。

一方、このような裂孔を伴わない網膜剥離もあります。そのひとつが「滲出性網膜剥離」と呼ばれるもので、加齢黄斑変性症と深いかかわりがあります。

滲出性網膜剥離は新生血管が原因!

加齢黄斑変性症の中でも滲出型(ウエットタイプ)は、網膜下の脈絡膜というところから発生した新生血管が原因で発症します。

新生血管はとても脆いため、中の成分が滲み出たり破けたりすることがあります。

新生血管が増えれば滲出液や出血も増えて網膜下に溜まり、網膜剥離や網膜色素上皮剥離といった合併症を引き起こします。

特に日本人の場合、滲出型の中でも「ポリープ状脈絡膜血管症(PCV)」といって脈絡膜の血管がポリープ状になることが多く、そこから出血したり滲出したりするために剥離となる危険が高いようです。

いったん網膜剥離を起こしてしまうと病状の進行はさらに加速するので、早急な治療が必要となります。

加齢黄斑変性症の治療で網膜剥離を起こすこともある

過去に行われていた黄斑の位置をずらす手術では、網膜をいったん剥がすため網膜剥離を起こすことがありました。

しかし、現在では新生血管を退出させる薬物を眼内に注射する「抗VEGF治療」や、新生血管を強固なレーザーで焼き固めてしまう「レーザー凝固術」、薬物を用いることで新生血管だけを焼失させる「光線力学的治療(PDT)」などの治療法が主流です。

そのためこのようなトラブルも少なくなりました。

※眼科医が試そうと思っているルテインの秘密とは?

加齢黄斑変性症の有名な対策ルテインを摂るですが、
ルテインが加齢黄斑変性の防止に効果があるかどうかは分かっていません。

でも、そんなの待ってられないですよね。

早め、早めに手を打ちたい方はここから手に入ります。


-知識と疑問

Copyright© とにかく!加齢黄斑変性症で失明しないために今すぐ取るべき対策 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.