とにかく!加齢黄斑変性症で失明しないために今すぐ取るべき対策

自己診断はココ!黄斑変性症に3倍なりやすい中高年の特徴。喫煙のダメージをカンタンに避ける方法とは?なぜ、ルテインは加齢黄斑変性症との関係で 院内勉強会で取上げられたのか?

進行を抑える

血液の流れを良くして、加齢黄斑変性症を予防しよう

更新日:

加齢黄斑変性症と血液循環の深い関係

網膜にはたくさんの毛細血管が集まっていて、視細胞はそこから酸素や栄養を受け取っています。

しかし、加齢や食生活の乱れなどによりこの流れが滞ると、新しい細胞が生まれずに、黄斑の下に古い細胞がカスのように溜まっていきます。

これはドルーゼンと呼ばれ、黄斑変性症の引き金になると考えられています。

網膜への血液循環を良くして黄斑を守ろう

具体的には次の事に気をつけるといいでしょう。

  • バランス良く食べる
  • 甘いものや脂っこいものの摂りすぎは血液ドロドロを招き、血液の流れが悪くなります。抗酸化作用のある食品をとりいれ、バランスよく食べるようにしてください。

  • 運動する
  • 運動不足は血液の流れを悪くします。できるだけ筋肉を使って血糖や脂肪を消費するよう心がけましょう。

  • 水分をたっぷり
  • カラダの水分が不足すると血液の流れが悪くなります。脱水になると糖尿病網膜症などを誘発します。こまめな水分補給を心がけるようにしてください。

  • カフェインを控える
  • コーヒー、紅茶、緑茶、コーラなどに含まれるカフェインは、利尿作用が高いため水分不足になりやすく、血液の流れが悪くなります。
     
    またカフェインには眼圧を上げる働きもあります。オーストラリアの研究によると、カフェインの1日の摂取量200mg以下の人の平均眼圧は17.11mmHgであるのに対し、200㎎以上摂取する人の平均眼圧は19.47mmHgと高くなっています。

    コーヒーは1日2杯までにとどめたほうがいいでしょう。
     

  • アルコールを控える
  • アルコールも利尿作用が高く、分解の際に活性酸素を発生させます。さらにビールや日本酒は血糖値も急上昇させます。加えておつまみでカロリーもアップします。ただ、お酒は血行を良くします。飲むなら適量をゆっくり飲みましょう。

  • タバコを止める
  • 加齢黄斑変性症にとって喫煙はハッキリと発症リスクを高めるものと実証されています。黄斑にとって大敵な酸化物質を発生させるうえに、網膜の血管を収縮させ血液の流れを悪くします。

※眼科医が試そうと思っているルテインの秘密とは?

加齢黄斑変性症の有名な対策ルテインを摂るですが、
ルテインが加齢黄斑変性の防止に効果があるかどうかは分かっていません。

でも、そんなの待ってられないですよね。

早め、早めに手を打ちたい方はここから手に入ります。


-進行を抑える

Copyright© とにかく!加齢黄斑変性症で失明しないために今すぐ取るべき対策 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.